商業施設などで最近増えている屋上緑化!そのメリットとは


商業施設などでよく見かける屋上緑化とは

屋上緑化とは一言で言うと、屋上又は屋根の上に草花などの植物を植える事を指します。近年では、デパートやショッピングセンターといった商業施設の屋上に草花が植えられているケースが増えてきています。そのため、小休憩する目的で利用している買い物客も最近では良く見かけます。また屋上緑化は一般的な家庭でも可能と言えます。実際に、最近では屋上でガーデ二ングを楽しみたいなどの理由で取り入れている人は増えている傾向にあります。

屋上緑化には様々なメリットがある!

屋上緑化には、紫外線などによる壁面などの劣化を軽減してくれる効果があると言われているため、建物の耐久性向上が期待できます。また屋上緑化を行えば、壁面などの温度変化が少なくなるので、熱による膨張や収縮などのリスクも低減できます。屋上緑化された建物の場合、部屋の室温を下げてくれる効果もあります。そのため、暑い夏の時期でも冷房設備の省エネ効果も期待できます。さらに、雨水流出の緩和効果もあるのが屋上緑化の特徴でもあります。

都市部ではコンクリートやアスファルトが多い事から、豪雨の際は急激な雨水流出による水害への対策が課題となっています。屋上緑化にはそんな急激な雨水流出を抑制する効果があり、災害のリスクを低減させる役割も持っていると言えます。一方、屋上緑化は屋上に多くの草木を植える事になるので、強い風が吹くと背の高い木は倒れてしまう可能性もあります。そのため、屋上緑化を設ける場合は、その点を考慮しながら行う必要があります。

都心部の気温が郊外に比べ高くなる現象をヒートアイランド現象と呼びます。この現象を緩和する手段が屋上緑化。ビルの屋上に植物を植えることで、高温化防止、空気の浄化、省エネなど様々なメリットがあります。