電子タバコの種類とは?それぞれのメリット・デメリットを紹介


リキッド式電子タバコの特徴

電子タバコとは、香りの付いたリキッドを電力で加熱し、気化した蒸気を吸って味わうタバコのことです。電子タバコにはリキッド式、カートリッジ式、使い捨ての3つの種類があります。リキッド式電子タバコは、本体にリキッドを注入して使用するタイプの電子タバコです。タバコ本体を使い続けることが可能なので、ランニングコストが安く済むのが特徴です。リキッドの種類も豊富にあり、様々なフレーバーを楽しめるのも大きな魅力になります。しかし、メンテナンスが必要であり、リキッドの注入が複雑であることなど手間がかかるデメリットもあります。手間がかかってもコストを抑えて使い続けたいという場合に向いている電子タバコです。

カートリッジ式電子タバコの特徴

カートリッジ式電子タバコは、カートリッジの交換によってリキッドを取り換える電子タバコです。カートリッジは使い終わったら捨てますが、本体は使い続けられます。リキッド式と比べて簡単に使うことができ、メンテナンスも不要になるのがメリットです。リキッド式に次いでランニングコストが安く済むのも特徴です。しかし、カートリッジは専用のものしか使用できないために、フレーバーの種類が少ないという欠点があります。

使い捨て電子タバコの特徴

使い捨て電子タバコは、リキッドを吸い終わったらそのまま本体ごと捨ててしまう電子タバコになります。交換の手間がないので手軽に使用できるのが大きなメリットです。本体価格は安めで初期費用を抑えることができますが、使い捨てなのでランニングコストは高くなってしまいます。試しに電子タバコを使ってみたいという初心者の方におすすめです。

タバコの煙は非喫煙者にとっては迷惑極まりないものです。特に、その匂いが嫌がられます。また、何かと話題となっている副流煙も不人気です。電子タバコでは副流煙がない上、煙もタバコの匂いがしません。