愛用品を末永く使うために!機械式時計のメンテナンス頻度と値段


機械式時計のメンテナンスの重要性

機械式時計はぜんまいを動力にして動く時計のことです。電池を使用したクオーツ式で使われる電子回路の寿命は10年と言われているのに対して、機械式は半永久的に利用できるのが特徴になります。とはいえ、いくら半永久的に使えると言っても、何もしなくてもいいというわけではありません。機械式時計で使用されているパーツは消耗品なので、徐々に劣化をしていきます。劣化した状態でそのまま放置をしていると、ゼンマイの噛み合わせが悪くなったりパーツが破損をして使えなくなるので注意が必要です。

メンテナンスの目安と依頼が必要な理由

使用する頻度によって若干の違いはありますが、機械式時計のメンテナンスは3年から5年に一度のペースで行うのが基本とされています。愛用者の中には手先が器用だからという理由で自分で行おうと考える人も少なくありません。機械式時計は複雑なパーツの組み合わせによって作られているため、知識や技術を持っていない素人が手を出すと故障の原因になります。中途半端に手を出してしまうと専門の技術者でも組み立てができなくなるので、手を出さずに専門業者に依頼をしなくてはいけません。

依頼をする時の業者選びのポイント

メンテナンスに掛かる費用は、使用している時計の種類や依頼する業者で細かく違います。値段の高いブランドの時計ほど費用が高くなる傾向があるので、複数の業者から見積もりを取って比較検討をするのが基本です。利用した人の口コミを確認して信頼性と実績を見極めることも大事なポイントになります。

グランドセイコーは高級感のあるデザインであることが特徴です。具体的には光り輝く文字盤や光沢で視認性のいいケースがあげられます。