紙の写真をデータ化したい?業者に依頼しよう!

紙の写真もデジタルデータにできる

スマホやデジタルカメラで撮影した写真はデジタルデータなので保管がとても楽です。SDカードやDVD、そしてクラウドストレージなどに保存できるので、何百枚も写真があったとしても難なく保管できるでしょう。その利便性を紙の写真でも実現したい場合は、デジタルデータに変換することをおすすめします。紙の写真をスキャナを使ってパソコンに読み込ませれば、デジタルデータ化することは難しくはありません。しかし、作業自体は簡単でも、一つひとつスキャンするのですから、紙の写真の数が多ければ多いほど時間と手間がかかってしまいます。

もしも、自分でデジタルデータ化するのが面倒だと感じる場合は、業者に頼んでやってもらいましょう。業者に依頼すれば、紙の写真を渡すだけであとは勝手にデジタルデータ化してくれます。店頭で渡す方法もありますし業者に宅配で送る方法もあるので、写真の枚数によって最適なものを選びましょう。

業者によって費用は異なる

デジタルデータ化するためのスキャン費用は、一枚あたりの金額が決められているケースが多いです。何枚頼んでも一枚あたりの金額が変わらないところもあれば、枚数が増えれば増えるほど金額が下がるところもあります。損をしたくない場合は、それぞれの業者の費用を比較したうえで、紙の写真を託すところを決めましょう。なお、何枚頼むとしても、別途基本料金が発生する場合もあります。一枚あたりの料金が安くても基本料金が高いところもあるので、きちんとチェックすることが大切です。

フォトブックに載せる写真を選んでいきます。種類によって選べる写真の枚数が違うので注意しましょう。また、自分の好みに合わせてレイアウトを考えます。