社会人になったら一本は欲しい!腕時計のススメ

社会人になれば腕時計はマナーのひとつ?

最近はほとんどの方がスマートフォンを持っており、時間もスマホで確認しているため腕時計は持っていないという方も多いのではないでしょうか。しかし、社会人になると取引先との商談中など仕事中に携帯を見ることはマナー違反とみなされる場合もあります。機密情報を扱うシーンなどスマホの持ち込み禁止のこともあるでしょう。また、スマホは充電が切れたら当然時間の確認もできません。いざという時の為にも、腕時計は一本あればとても便利です。

たくさん種類のある腕時計…初めの一本は?

一口に腕時計と言っても、100円均一で買うことのできる安いものから、憧れのハイブランド、最近では体調管理や電子マネー決済にも使用できるスマートウォッチなど様々な種類の時計があります。

まず一本あれば便利なものは、アナログ時計です。ビジネスシーンではスマートウォッチに馴染みのない世代の方と接する機会もあり、人によっては好まない方もおられます。新生活の準備などで初めて購入する場合は、あらゆるシーンで使用できるものを選ぶ方が無難です。

色、大きさ、種類…時計選びのポイント

腕時計には大きく分けて革製、金属製の2種類が主流です。シリコンやゴム製などもありますが、社会人の場合は避けた方が無難です。革製のものならば黒や茶色など目立ちすぎないものがベターです。靴や鞄など、普段持ち歩くものと色を合わせると統一感があります。

金属製のものは、ビジネス用の場合悪目立ちを避けるため、シルバーで幅が広すぎないものを選ぶとよいでしょう。金属製を選ぶ場合は、事前に金属アレルギーがないかチェックしましょう。デザインを優先させて手首がかゆくなってしまった…といったことは避けたいものです。

IWCは国際捕鯨委員会の略称で、国際捕鯨取締条約に基づいて、クジラの保存や利用についての規則を採択したり、クジラの研究や調査の主催などを行います。イギリスのケンブリッジに事務局がある国際機関です。