脇役ではなく主役級!カーテンにこだわるべき理由

面積の大きいものほど部屋の印象を左右するから

カーテンの面積は、壁、床、ベッドと同じくらい大きいことが普通です、これはすなわち、カーテンは部屋の中で目に入りやすいということであり、そこを起点に部屋の印象が決まることも多いということです。また、カーテンは壁と床の両方に面する位置にあるので、両者の「つなぎ目」となっていることも特徴です。カーテンの色や素材が壁や床とうまく調和しないと、部屋の印象が一気にちぐはぐになりやすいです。既製品のカーテンではしっくりこない、探すのが大変なのであれば、オーダーカーテンも選択肢に加えてみるのも効果的です、色合いや素材の種類が豊富なので、自分のイメージにぴったりのものに出会える可能性も高まります。

部屋を快適にする機能性も併せ持つから

インテリアとは、見た目の美しさのみならず、部屋が快適かどうかという要素も非常に大切なものです。実はカーテンは、暮らしを快適にするうえでも様々な効果を発揮するアイテムなのです。例えば、カーテンは部屋に外気が侵入するのを防ぐ効果もあるため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすために役立ちます。また、遮音性や遮光性のあるカーテンであれば、睡眠中の騒音や光をシャットアウトしてくれるので、質のいい眠りを確保することも可能です。ただし、カーテンが窓よりも短いと、隙間から外気や騒音、光はいくらでも入り込んでしまいますし、逆にカーテンが床に付くくらい長いとゴミが溜まりやすくなり掃除の手間も増えるという事態になりかねません。機能性を十分に発揮させるためにも、カーテンのサイズは重要です。サイズについても、既製品で過不足があるなら、オーダーメイドのカーテンを検討することも十分に意義のあることだと言えるでしょう。

カーテンを選ぶ際には色や柄はもちろんですが、その機能にも目を向けたいところです。従来からある遮光や防炎に加えて、近年では花粉対応やUVカット、あるいは省エネに優れたアイテムも数多く開発されています。