健康志向や受動喫煙対策として電子タバコが普及しています

電子タバコは健康的?

健康志向の高まりから禁煙する人もいますが、どうしてもやめられなくて少しでも健康的な電子タバコに換える人もいます。そもそも電子タバコって何でしょう?安全なんでしょうか?タバコの健康被害としてニコチンとタールがあげられますが、電子タバコにはそれらを含まないもの、含んでいても紙巻きタバコよりも量が少ないものがあります。大きく2つに分けられて火を使わずに電気でタバコの葉を燃やすタイプと、ニコチンやタールを含まないリキッドと呼ばれる液体を水蒸気にして吸引するタイプがあります。どちらもいくつものフレーバーがあり、リキッドと別売りの本体を充電して使用します。紙巻きタバコよりも健康的ですし、受動喫煙対策にもなります。

vapeと加熱式タバコは違うの?

初期に発売されたタイプは加熱式タバコと呼ばれる電気でタバコの葉を加熱するタイプでしたが、ニコチンを含まないリキッドを水蒸気化して吸引するタイプも発売されました。日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売が禁止されていますので、ニコチンもタールも含まれていません。匂いも軽減されていますが、一番の魅力はリキッドの種類が豊富なことです。紙巻きタバコに近い味わいのものもありますし、メンソールや、甘みを感じるスイーツフレーバーのものまであります。健康的ですし、灰や吸い殻が出ないことで環境にも優しく、火を使わないことから火災の心配もない、安心安全な製品です。コンビニで手軽に購入できるのも利用者が増えるきっかけとなりました。

減煙の為に外国では取り入れられているニコチンリキッドも、健康に害を及ぼすことから日本では販売が禁止されています。