電子タバコってなに?煙草や加熱式タバコとの違い

紙巻たばこと加熱式タバコ、そして電子タバコ

タバコは大きく2種類に分けることができます。ライターやマッチの火を使う紙巻たばこと加熱式タバコです。従来の、ライターやマッチの火を使う紙巻たばことは違い、加熱式のタバコは蒸気を煙の代わりにして楽しみます。加熱式タバコは、煙草の葉を燃やさないので、葉を燃やすときに発生するタールの量が減るため人体への悪影響も軽減されます。
そしてこの加熱式タバコとは別に、電子タバコがあります。

電子タバコってなに?

加熱式タバコは煙草の葉を燃やさずに加熱して蒸気を発生させています。紙巻たばこと比べると少し健康に気をつかっていますが、タールやニコチンが全く無い、というわけではありません。一方電子タバコは煙草の葉を使っていないので、タールやニコチンも含まれていません。そのために、禁煙をするのなら電子タバコがおすすめですし、喫煙者がいきなり電子タバコに替えようとしても物足りなかったり、抵抗があると思います。電子タバコは香りのついたリキッドを使い、蒸気を吸います。煙草と電子タバコはまったくの別物であると考えるのがいいでしょう。

リキッドの種類と特徴

電子タバコのリキッドはさまざまなものがあります。
人気があるのはフルーツです。その他にはタバコ風味のリキッドもありますが、タバコというよりもナッツのような香りがします。それにコーヒー風味やレッドブルやジュースなどの飲み物の風味がするものもあります。スイーツや洋菓子・和菓子の風味のリキッドなどもあり、フルーツ系もそうですが、甘めのリキッドが多いです。甘めが苦手ならメンソールやミントのリキッドがおすすめですし、フルーツ系などを試してみて、甘すぎたときにもメンソール系を足すことで吸いやすい風味に調整できます。

ニコチンリキッドは、日本では手に入れることができないのが現状です。ニコチン入りのものを手に入れるためには、海外から個人輸入する必要があります。